投稿

COMSA(コムサ)のCMSトークン受け取り

イメージ
COMSA(コムサ)のCMSトークン受け取り方法 今日11月6日にCOMSA(コムサ)のCMSトークンのオープンセールが終了します。 CMSトークンの配布は11月中頃〜11月の末頃を予定しているようです。
CMSトークンの受取は「Zaif取引所で受取」または「XEM mosaic、ETH ERC20を取り扱えるウォレットでの受取」となります。 またCMSトークンの取引は 仮想通貨取引所 Zaifにて、CMSトークンの取扱い(取引)開始を予定。
取引可能時期については11月末頃を予定。
CMSトークンをお取引するにはZaifのアカウントが必要になります。
こちらからご登録ください。





ナノウォレットでの受け取り方について
Nano Wallet(XEM : mosaic) Nano Wallet(Windows, Mac, Linuxに対応)を ”https://nem.io/downloads/“ からダウンロードし、インストールします。Nano Walletを起動し、アカウント作成(シンプルウォレット)します。
※発行されるプライベートキー(秘密鍵)はウォレットの復元などの作業を行う為の大切なキーです。必ず安全な場所に保管してください。Nano Walletへ作成したアカウントでログインします。「アカウント」→「アドレス」が受取用アドレスです。

モザイク(mosaic)とはナノウォレットのこれのことです。




おすすめの仮想通貨取引所

イメージ
おすすめの仮想通貨取引所
どうも!初っ端からおすすめの仮想通貨取引所を説明してもおもしろくありませんね笑 なので少し余談をしてから本題に入りましょう。
まず今年一年の、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ネム (XEM)の価格上昇をチャートから見ていきましょう。



ビットコイン(BTC)
今年一年で数倍上がっていますね。とてつもない上昇です。


イーサリアム(ETH) イーサリアムの五月から六月にかけての急上昇すごいですね。そのご下落しつつ持ち直して現在のレートで安定しています。
イーサリアムは来年「今年のビットコインのようなレートになるのではないでしょうか?」ビットコインと違いレートが低いので一枚を買うコストが低いのと仮想通貨御三家ですからね。来年も上昇することを期待しております。
リップル(XRP)
リップルは今年40倍ほど上昇しました。その後急落して今は20円前半です。 来年、再来年は今年の比にならないほど上昇すると言われております。
銀行が(XRP)を使って国際送金を行ったり、お金の移動、決済に使うので時価総額が今の100倍以上になると言われています。
なので今買えば利益がたくさん出るかもしれません。
ネム (XEM)

COMSAのICO テックビューロとLooop、クリプトマイニングジャパンがICOの実施計画を発表

イメージ
COMSAのICO テックビューロとLooop、クリプトマイニングジャパンがICOの実施計画を発表
テックビューロ株式会社と、株式会社Looop、株式会社クリプトマイニングジャパンの3社それぞれの取引所、電力供給、仮想通貨マイニング(採掘)のノウハウを持ち寄り、収益性の面でも国際的競争力を有したマイニング事業に関する業務提携を実施するとのことです。また、LooopとCMJはテックビューロのCOMSAソリューションを用いたICOの実施計画を発表します。

画像にあるようなコンテナを用いてマイニングをするということらしいです。太陽光発電でマイニングをするのでエコなのかな?

まあ、私は専門家ではないので何とも言えませんが、このICOに参加しようと思います。
日本も海外勢に負けないマイニング方法を見つけて国際競争に勝っていって欲しいからです。

■ICOとは ICOとは「Initial Coin Offering」の略であり、電子トークンを発行して売り出すことによって資金を調達するための手法を指します。しかし、実質的には株式などのエクイティを譲渡するのではなく、購入型のクラウドファンディングと同様に単にトークン販売を行うものであり、厳密に言えば「資金調達」の手法ではなく「仮想通貨の発行販売手法」となります。購入する側も、実際にはプロジェクトに投資をする「投資家」ではなく、「トークン購入者」となります。これらトークンは、仮想通貨取引所での取り扱いなどを通して一般に流通すると「仮想通貨」となります。  引用:https://comsa.io/ja/54246.html









リップル(XRP)の価格が上がらない理由を考察してみました

イメージ
リップル(XRP)の価格が上がらない理由を考察してみた 他の仮想通貨の価格は1000円台や10000円台なんてザラにあるのに、何故リップル(XRP)の価格が20円台なのかを私なりに考察してみました。

まず価格が上がらない要因を列挙してみましょう。


供給枚数が多い。リップル(XRP)は1000億 XRPあります。そのため価格が上がりづらいです。供給枚数が多いので、価格の変動が他の仮想通貨と比べて緩やかです。逆にいうとビットコインのように供給枚数が少ない仮想通貨は価格の上昇が急でありますし、下がるのも急です。現在ビットコインの上昇が目立つので、他のアルトコインではなくビットコインをとりあえず買おうとする市場参加者が多数なのでリップル(XRP)を買う人がおらず価格が上昇しない。ビットコインの急騰に目がくらみ本当に価値あるもに今目がいっていないということです。ビットコインは送金に時間がかかる、価格の変動が急、ハードフォークするわで通貨としては糞以下です。投機商品としては最高の商品です。もともとリップル(XRP)は銀行の国際送金に使用する目的で作られたものですから、100兆、1000兆の時価総額にならないとある程度のレートにならない。単純計算で1000兆円の時価総額があれば、1XRP=10000円です。銀行様早く預金をXRPに変換してください。笑XRPやイーサリアムのような将来的に発展しそうなものより、市場参加者は短期的に利益がでるものを選ぶ傾向があるので何の将来性もないが価格変動だけはとてつもないビットコインが選ばれる。XRPやイーサリアムのようなものに興味を示さないのが仮想通貨投資家 そろそろ年末が近づいてきましたね
そろそろ年末が近づいてきましたね。確定申告しないといけないので仮想通貨で出た利益を一旦確定して円に直さないといけないので、年末はどの仮想通貨もレートが下がるのではないかと予想しております。年初下がった仮想通貨を拾おうと思っております。

来年もまだまだ仮想通貨市場は伸びていくでしょう。というのも個人投資家が会社で働いて得た給料を月々積み立てていくので徐々に仮想通貨市場は膨れていきます。現実世界からデジタルの世界へお金が移動していくのです。
一年ごとに一桁ずつ仮想通貨のレートが増えていくのではないでしょうか。

ではこのへんで





コインチェック


COMSA(コムサ)のサイト 取引画面の解説

イメージ
COMSA(コムサ)のサイト 取引画面の解説
いま現時点でのCOMSA(コムサ)のサイトの取引画面の解説をしていきます。


最初コムサのホームページを見るとこの画面がでます。現在のCOMSAの時価総額が一目でわかりますね。ここからログインしていきます。

ログインしたらこの画面になります。



私の場合、COMSAを自分で購入しなかったので。0CMSです。ですがリフェラルボーナスで663CMSほどあります。
このサイトでCOMSA(コムサ)の紹介をしていたからです。
1CMSの価格が10000円を越えるまでガチホする予定です。

COMSA(コムサ)の時価総額は現在1000億円弱なのですぐに何かの拍子で100倍に膨れ上がるなど起きうると思うので、大船に乗ったつもりでいきます。


これはリフェラル特典のページです。



招待者数は17人です泣  少ないほうだと思います。

ビットコインで購入した方は0.54BTCぶん
ネムで購入した方は4911XEMぶん
ザイフで購入した方は232520ZAIFぶん

紹介して登録された方々ありがとうございます。


これはトークン受け取りのページです。


早くサイトをちゃんと完成させていってもらいたいですね。

いまだICO案件がこのコムサのページ上で告知されていないのが不安です。なんぼコムサがあろうが企業のICO案件がないと意味がないですので


今日からネムを売却した資金36万円で大阪旅行してきます。 仮想通貨を売却したお金でこれから大阪旅行してきます。
これから数日間仮想通貨とは関係のない大阪旅行のことについての思い出、出来事等を書いていきます。

今日1日の予定をざっくりと説明すると昼過ぎに大阪についてその後旧友に会い、その後旧友と私の兄と飯にでも行く予定です。
どんな店に行ったか等写真を撮りますので、それ観て旅の気分を少しでも味わっていただけたら嬉しいです。
ではこれから大阪に行く準備をします。






モナコイン 海外取引所に上場 価格上昇!

イメージ
モナコインの価格が落ち着いてきています。 現在モナコインのレートは350円ほどです。今後海外の大手仮想通貨に上場されるということでこの350円を起点にさらに価格が上昇していくことでしょう。
モナコインは先週700円ほどのレートをつけ、いっとき利益確定売りが続き半値以下まで下がりました。
イナゴ達が下がりすぎたということで買い支えていまのこの350円ほどのレートです。
これからのモナコインの流れとしては2018年には2000円以上のレートを目指し緩やかに上昇基調をとるでしょう。
モナコインの位置付けは、ビットコインに乗り遅れた人の投資先です。 これから新たに仮想通貨長者になりたいならモナコイン以外ありません。
EXXでモナコインが上場する
そのため期待上げでじわじわ上がるのではないでしょうか? もし上場されいまよりも多くの投資金が流れ込めば買いに勢いがついてレートが一段と弾むでしょう。
将来的には1モナコイン10000円にいくでしょう。はやければ二年かからずにいくのではないかと思います。
日を増すごとに仮想通貨が一般人にも浸透し指数関数的に時価総額が膨れ上がるでしょう。
まだまだ仮想通貨市場は小さいです。
これから貨幣からデジタルへとシフトチェンジするのです。  いまこのビッグウェーブに乗らねばいつ乗る?
秋葉原ではモナコイン祭り? 秋葉原ではモナコイン祭りというものがあるようだ筆者もぜひ観にいってみたいものだがいかんせん地方ですのできくのに億劫になってしまう。
要はメンドくさがり屋ということです。
私はモナコインの発展を心より待ち望んでいる。何故かって? それはみんなが利益をだしてWINWINだからである。